質屋でブランド査定の時の話

質屋でのブランド査定は安い?その理由は?

質屋とブランド

質屋でブランド査定の時の話

質屋に持ち込まれる物の多くはブランド品です。

旧作のモデルなどを持ち込む若者が多くなり、質屋が取り扱う商品の大部分がブランド品となりました。

しかし、いざ、ブランド品を持ち込んで、鑑定してもらったら、査定額が思いの他安かった、なんて話をよく聞きます。

10万近くしたバッグが、1万円くらいの査定額・・・やっぱりガッカリしますよね。

そんなに査定額が安かったら、持ち込んだブランド品は偽物なのでしょうか?

本物か偽物か聞いても、はっきりした答えを言ってくれないし、なんとなく腑に落ちない気もしますね。

質屋の査定を巡ってはこんなことはよく生じます。

でも、質屋が、偽物と分かって、買い取ることや預かることはまずありません。

たとえ僅かな金額でも、その商品に値が付き、買い取ってくれる、または預かってくれるということは、それが本物だということです。

また、ブランド品は流行の波が激しいものです。

たとえ新品・未使用のものであっても、人気商品や売れ筋商品でなかった場合は、査定額は安くなります。

さらに、在庫過多の古いモデルの場合は、ほとんど値が付かない、なんとこともあります。

持ち込む前にネットなどで事前に相場をチェックしておくと良いでしょうね。


Copyright (C) www.southernlanding.com. All Rights Reserved.

質屋とブランド